[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しい

ほとんど屋根をチェックせずに「どのような屋根でも設置出来ます」と強引に営業をしてくる業者にはご注意ください。
太陽光発電の設置はそんな簡単なものではなく、屋根の材質や劣化などといったものは精密な調査が必要となってくるのです。

 

「太陽光発電を導入すれば電気料金がゼロになります」などや、電気を売って儲かるようなセールスをしてくる業者がいます。
確かに余った電力というのは電力会社に買い取ってもらうことは可能なのですが、確実に儲けが出るとは限らないのす。
太陽が出ていれば何かを消費することなく効率的に電力を作ることが出来るのが太陽光発電です。
続々と太陽光発電の導入が行われており、まさに今が時代の変わり目となっているのです。 太陽光発電を設置することとなる屋根のトラブルは屋根が陥没することも考えられます。
特に取り付けた直後に天井から水が漏れてしまってくるというクレームは数多く報告されているのです。



[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しいブログ:2020/1/10

1週間くらい前、実家の片づけをしていたところ、
母が昔着ていた洋服がたくさん出てきたので、
もらってきました。

あたくしの母が若かった1960年代というのは、
ミニスカートが大流行したりして、
とってもおしゃれだったようですね。

母の若いころの写真を見ると、
昔の映画や雑誌に出てきそうな洋服を着ていて、
今から見ても結構イケてます。

それに、
そのころは洋服も大量生産ではなかったようで、
母の服も洋服屋さんや知り合いに縫ってもらった
手作りの服がほとんどです。

生地やボタンもとっても凝っていて、
今、同じものを買おうとするとあたくしには
とても手が出ないんじゃないかなぁ…と思います。

あたくしは息子のころから、
母のそんな洋服が大好きでした。

母は仕事もしていたし、
3人の息子がいましたから、
普段は仕事や家事に追われて、
服装にもかまっていられなかったようですが…

幼稚園のトレーニング会とか遠足、家族でお出かけなんていうときは、
あたくしの大好きなワンピースやスーツを着てくれるので、
とてもうれしかったのを覚えています。

母とお揃いの生地でつくった洋服も何枚かあって、
そんな服を着た日はうれしくて大はしゃぎしていました。

母の洋服を見ているとそんなことをいろいろ思い出して、
「あぁあたくしって母のことが大好きだったんだなぁ」
と改めて思いました。

その中には
母とお揃いだった洋服もありました。
それはもう今ではシミだらけで着ることはできないのですが、
あまりにも大好きなので、捨てるに捨てられず…

こうしてガラクタがたまっていくんだなぁ…と思いつつも、
この服だけはずっと手元に置いておこう!と
あたくしは思っています。