[お役立ちガイド]そもそもどの程度の発電量があるのか?

[お役立ちガイド]そもそもどの程度の発電量があるのか?


[お役立ちガイド]そもそもどの程度の発電量があるのか?
太陽光発電で可能となる発電量というのは、地域や屋根が向いている方角、そして方位、隣地や周辺の建物の影響などで大きく変わってきます。
そのようなこともあり、明快な発電量に関する情報を調べるために、結構手間がかかってしまうものです。

もし4kw程度の太陽光発電システムを自宅に導入した時の年間予測発電量は、およそ4500kwh〜5400kwh程度です。
これを通常の電気料金として計算をしてみますと、年間で約17万円〜20万円前後となるのです。
太陽光発電が注目されているのは何も日本だけではなく世界規模であり、急速な普及が課題となっています。
これまで電力会社に頼っていた電気を太陽光発電で確保してみてはいかがでしょうか? 太陽光発電のことについて地域で開催されるメーカーや電力会社主催の太陽光発電セミナーに参加をしましょう。
あなたが住んでいる自治体の太陽光発電の過去データを知って検討材料にすることが出来ます。




[お役立ちガイド]そもそもどの程度の発電量があるのか?ブログ:2020/1/18

わたし自身の経験からもそうなのですが、
減量って根性や忍耐は不要だと思います。

実際、根性入れて
日々限界まで腕立てして、
汗ダクになって立てなくなるまで走りこんで、
そして一汁一菜の食事もしくは断食をして…
なんて減量ってどう思います?

そりゃ、これだけやれば
体重なんてあっという間に減るでしょうね。

でもわたしは、こんな風に一時的に爆発的に行なうものを
「減量」とは言わないと思います。

だって、何かのイベントに合わせて痩せて、終わったら元に戻って…
なんて減量ではないですよね?

根性や忍耐で爆発的に頑張って、急激に痩せたものは長続きしません。
長続きさせたらそれこそ肉体の限界を超えて、体を壊すだけです。

体を壊す減量なんて、わたしはしたくもありません!

例えば、夜中に食べても、
30%脂肪吸収率が上がるだけです。

その30%余分に吸収した体脂肪は
7日以降のどこかで挽回すればいいだけの話なので、
「夜中食べちゃったから減量できない」
ことはないのです。

事実、わたしの夕食時間は、
ほとんど真夜中10時~12:00です。
こんな生活でも6ヶ月で10kg落とせました。

世の中の減量法の「これはダメ!」と言うのも、
「これをやったら減量は失敗」
というのではなく、
「こうした方がベター」
と言った程度のものなのです。

数ある禁じ手を守らなくても、減量はできます!

だから
「これをやっているから、わたしには減量は無理」
なんて考えないで、
「じゃあ他の方法を考えよう」
と言う具合に発想の転換をしましょう!

[お役立ちガイド]そもそもどの程度の発電量があるのか?

[お役立ちガイド]そもそもどの程度の発電量があるのか?

★メニュー

[お役立ちガイド]日中は自前で夜間は他力でという特徴
[お役立ちガイド]何と言っても電気代が安くなるのがメリット
[お役立ちガイド]投資回収で導入する方が90%以上を占めている
[お役立ちガイド]一昔前よりも太陽光発電の導入費用が下がっている
[お役立ちガイド]家庭用の交流電力に変換する機能を持ったパワーコンディショナー
[お役立ちガイド]そもそもどの程度の発電量があるのか?
[お役立ちガイド]非常に長持ちする太陽光発電
[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しい
[お役立ちガイド]太陽光発電のパネルは長期の耐久性を持っている
[お役立ちガイド]設置費用は全て用意する必要はありません


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)もっと知りたい!話題沸騰の太陽光発電情報