[お役立ちガイド]投資回収で導入する方が90%以上を占めている

太陽光発電は長期的視点での資産形成、そして投資回収で導入をする方がなんと90%以上を占めていると言われています。
余った電気を電力会社に買い取ってもらうことが出来るので、上手に利用をすることで利益を出すことも出来るのです。

 

近年は太陽光発電の価格が下落傾向となっていますので、その回収サイクルも大幅に短縮されてきています。
さらに電力状況を加味することで今後の値上げは確実と断言出来ますので、早目に太陽光発電の購入をされる人が多くなっています。
多くの公共施設や企業、さらには一般家庭でも太陽光発電の導入が行われており、今では人気が集中しています。
いずれ脱原発が目指されている現在、太陽光発電がその第一歩となることでしょう。 太陽光発電は初期の設置費用が高くなっていますが、月の光熱費削減や売電を毎月していくことが出来るのです。
そして10年以内で初期投資以上の利益を確保することも十分に可能なのです。



[お役立ちガイド]投資回収で導入する方が90%以上を占めているブログ:2020/8/02

1週間位前、
群馬の草津温泉へ一人旅に行ってきました。

おいらは仕事でもプライベートでも、
よりよい状態を目指して頑張るけれど上手くいかなくて、
煮詰まっている状況でした。

それを知った仲間から
「一人旅に行ってきたら?」という提案があり、
妻の強い勧めもあって、気乗りしないながらも行く事にしました。

気乗りしていないので、
おいらはとりあえず草津に行くことだけを決めて、
宿も取らないで出発しました。

草津に着いて宿を決めて部屋に入り、
荷物を降ろして一息ついた時、
おいらはほっとしてくつろぐ訳でもなく、沈んでいました。

「やっちゃった…」「仕事休んじゃった…」
私おいらは何かとっても悪い事をしているように感じました。

とりあえずお風呂に入り、
夕方ごはんを食べましたが、
相変わらず気分は沈んだままです。

他にやることがないので、
とりあえずお風呂に入りました。

そこで気づいたのですが、
お風呂に入ると思考が止まるんですよね。

温泉に浸かって
「う〜〜」「あーー」と言ってる時、
仕事の事も妻の事も全く気になりません。

草津のお湯で肉体も心もほぐれたのか、
ようやく疲れを感じることができるようになってきました。

肉体がダルくて肩やコシの痛みを感じます。
そして、考える事が面倒くさくなってきて、
考える気力も湧いてきません。

結局、草津にいる間にしたことは、
眠たくなって寝る事と、
腹が減ってごはんを食べる事と、
気持ちいいからお風呂に入る事のたった3つになりました。

この3つだけで、
あっという間に1日が過ぎてしまいます。

しかし、そんな1日を過ごしても、
自分1人だけですので誰にも迷惑はかかりません。
堂々とそんな1日を過ごす事ができて、
まさにストレスフリーの状態でした。