[お役立ちガイド]非常に長持ちする太陽光発電

太陽光発電を導入するデメリットというのは、やはり初期費費用が高くなっているということです。
1kwあたりのシステムの工事費が65万円だった場合、3.5kwのシステムの工事費は単純計算で228万円となるのです。

 

太陽光発電システムというのは可働する箇所が殆ど無く、さらに燃焼する部分は一切ありません。
パワーコンディショナーを覗いて、比較的長寿命な設備となっていますが、定期点検をする必要はあります。
続々と太陽光発電が導入されつつあり、多くの企業が社会貢献活動に力を入れています。
地球環境という大きな貢献に企業のイメージアップ、そしてそれが収益にも大きく影響を与えることでしょう。 システムのデメリットは、発電量が天候に大きく左右され一定の数値では無いということです。
もし天候によって数値が変わらない太陽光発電を導入しようとした時には、さらに高額な機械が必要となってきます。



[お役立ちガイド]非常に長持ちする太陽光発電ブログ:2020/2/19

自分が親になった時は、
「親バカ」にはならないでおこう!
なんて思っていたのだが…

最近になって、
「親が親バカにならなかったら、
誰がこの子のためにバカになってくれるのか」と感じてから、
わたくしは、堂々と親バカ宣言しはじめている。

というのも、
他人から見れば「なんや、この親バカ」というような、
親のお子さんに対する見方が、
実はお子さんのアイデンティティに
大きく影響(それも好影響)しているのではないか…
と思える様になってきたからだ。

小さなお子さんがどんどん伸びる時、
それは褒められている時だ。

「教育の基本は褒める事」だと
確信しているわたくしとしては、
お子さんの事はどんどん誉める。

しかし、この褒めるという行為、
本気で「うぁ、すごい」と思っている時と、
「ほめておこうか」と義務的に言葉だけで言っている場合と、
お子さんはその違いにすぐに気がつく。

つまり、
親が本気でお子さんに対して、
「すごい!」と思っていないと、
なかなかお子さんには伝わらない…

だからこそ、
この「親バカ」が
とっても大切になってくるのだ。

お子さんの描く絵に
「この子は将来芸術家になるかもしれない」と思ったり、
音楽に対するノリが
「普通の子とはちょっと違う」と思ったり…

こういう気持ちは他人から見れば
プッと噴き出す感情かも知れないが、
わたくしはその感情を隠さない。

わたくしは自分の人生に関わりもなさそうな人に
「良識のある親」なんて思ってもらわなくて結構…

他人の評価なんて、
自分の人生をプラスに変える場合以外は、
気にしなくて良いのだ。

それよりも、
目の前にいるお子さんが、
毎日を生き生きと、
自己表現する喜びを感じながら育って欲しい!と思う。